第17回南九州中学校ハンドボール大会(決勝)
平成17年11月23日 於:宮崎県綾町

主催:宮崎県・鹿児島県ハンドボール協会





大会会長・宮崎県ハンドボール協会会長





将来のハンドボーラーも観戦に来ていました
ボールを握る日もそう遠くはないはずです…



試合結果
男女各4チーム総当たり戦
順位は各県大会での対戦成績も含めます

女 子
延岡14 - 14重富
●三松11 - ○舞鶴22
●三松11 - ○重富22
○延岡27 - ●舞鶴7

一位 延岡中  二位舞鶴中
 

男 子
○小林22(13-9 11-10)19●舞鶴
○三松33 - ●隼人20
○小林20 - ●隼人16
●三松22 - ○舞鶴27

一位小林中  二位舞鶴中
 



試 合 風 景

舞鶴女子(鹿児島1番手)は延岡中に大差をつけられて敗れました

一方重富中(鹿児島2番手)は延岡中とタイ

今回重富中学校との直接対決はありませんでしたが
予選(鹿児島大会)と決勝(てるはドーム)のわずかな間に追いぬかれたかもしれません



女子 三松(青)・舞鶴(赤)

 


シュート体勢が"単調"となったため簡単にシュートをブロックされました
(単調=上からしか投げない…)
シューターの腕に小林デイフェンス(赤)が手をかけているのが何枚か撮れました
完全に読まれています…

小林中(赤)のフェイントプレーに翻弄されました
舞鶴メンバー(オレンジ・白)の二人がシュートと思ってブロックにいきますが、
このあと小林9番の選手にパスが回って得点されます
よく見れば9番の選手をマークしている舞鶴選手は誰もいません…

三松(葡萄色)10番の選手は左サイドに行くと見せかけて不意にセンターに切り込み
舞鶴はいとも簡単に切り込まれ得点を許してしまいました…
"今この瞬間"の敵選手の目線の方向にばかり攻撃がいくのでしょうか…
ハンドボールは"だましあい"です

残り時間1秒を残してのフリースロー
デイフェンスの一部分が自分の腕と体をコートの外側にそらしたため
(つまりボールをよけたため)
ゴール内にボールが入っていきました…
 

その他にも
野口コーチからも以下のようなコメントがありました

今回参加した4チームの中で
ファール覚悟で相手をなぎ倒してでも点を取りにいく
そういう姿勢の点でビリだったのは舞鶴中だった…



第17回南九州中学校ハンドボール大会・於 綾てるはドーム(宮崎県)
試合風景へもどる

管理者より…
今回舞鶴が負けている試合の写真はほとんど撮りませんでした
選手のみなさんには申し訳ないですが撮る気になれなかったです…

宮崎県協会の都合により日程が急きょ変更になり
テスト期間の真ん中に大会がくるというハードスケジュールだっため
調子がでなかったのもあるかもしれません

しかし
中学・高校と部活動をやっていればこうした日程になることもあります
そうしたハードスケジュールになれるための大会であったかもしれません

将来いくつもの仕事を同時にこなせる優秀な社会人が
舞鶴中ハンド部から輩出されるのを祈っています


































SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO