遠征に必要なもの

 公式試合・練習試合等をふくめ遠征の際、必要な準備や持ち物を以下に記しておきます。
大会や移動手段その他の事情によって、弁当など必要ない場合もあります。
 

個人で準備するもの(赤を忘れたら出場できません)

0 体調管理(前日は十分な栄養・睡眠をとること)
1 ユニフォーム
2 体育館シューズ(ハンドシューズ)
3 弁当・飲み物
4 宿泊日数に応じた着替え、タオル。季節によっては暑さ寒さ対策(うちわ、厚着等)
5 費用(バス代、宿泊代、飲み物代など。封筒に記名していれる)
6 保険証(写しまたはコピー)
7 爪を切ってくる(忘れがち)
(その他)
テストが近い場合は勉強道具(文武両道!)。
風邪などを引いている場合は薬等。
 

部で準備するもの

ボール(室内用か室外用かは大会場所に応じて)
ボールかご
救急箱、テーピングバック
作戦板
ビブス
部旗・横断幕等
両面テープ、バケツ
ドリンクタンク、コップ、おしぼり、氷
ゴミ袋
応援グッズ など


出 発 前

大きな大会の場合は、出場選手全員で学校長に挨拶をしにいく。
見送りに来てくれた人への感謝を忘れない。
 

大会会場で気をつけること

ベンチ・応援席でのマナーを大切に
・両面テープその他のゴミを散らさないようにする。
・脱いだら脱ぎ散らかしたままにせずたたむ。見苦しい。
・バックのチャックを開けっぱなしにしない。見苦しい。また防犯上よくない。
貴重品は先生か保護者に預ける。
お世話になる大会役員の方々や、他チームの指導者の先生とすれ違うときは挨拶を忘れずに。
試合が終わった後、部の道具など忘れ物に注意する。だれがどの道具を持ち運びするかはしっかり確認。
 

宿泊所(ホテル等)で気をつけること。

散らさない、騒がない等マナーを守る。
いつもと違い友達と同じ部屋に寝ることになるが、お互い就寝時間は守るよう心がける
(睡眠不足はミス・ケガのもと)
宿泊所を出るときは、整理整頓、忘れ物がないように注意する。
最後に宿泊所の方にお世話になったお礼をいう(試合結果なども含めて)
 

遠征から帰って

お世話になった方々(バスの運転手さん、保護者、先生など)にお礼をいう。
大きな大会の場合、学校長に試合結果などを報告する。



霧島市立舞鶴中学校ハンドボール部ホームページ 2007年1月28日
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO